韓流byルルルの生活
HALLYU STAR★韓流スター
HALLYU DRAMA★韓流ドラマ・映画
HALLYU ASIAN★韓流アジアン
韓流エンタメ楽天ブログ(Blog)
HALLYU YOUTUBE★韓流ユーチューブ
HALLYU WALL PAPER★韓流壁紙
HALLYU ENTER TAINMENT★韓流エンタメ





HALLYU ENTER TAINMENT★韓流エンタメでタグ「ファンミーティング」が付けられているもの

Janggunsuk20091130.jpg

 ドラマ『美男<イケメン>ですね』を終えたばかりの俳優チャン・グンソクが29日午後4時30分、東京・中野サンプラザホールにてファンミーティング「JANG KEUN SUK FAN MEETING 2009『聞こえますか』」を開催した。


 チャン・グンソクは、「聞こえますか」をテーマに、ラジオブースが用意され、DJに扮して日本語を使ってイベントをスタート。


 そして、自身が主演した『ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~』のOSTから「聞こえますか」、ナム・ジンの「ドゥンジ」と自慢の歌の披露や、昨年旅したスペインの写真とメッセージを見てのトーク、私物のカバンの中身チェック、出演CMやドラマ『美男<イケメン>ですね』の紹介などが行われた。

 『美男<イケメン>ですね』は26日に最終回を迎えたが、最終回の撮影は放送当日まで行われたといい、スケジュール多忙のためか撮影を終えた後体調をくずしたというが、「今は元気です」と言い、ファンを安心させた。


 そして前回のファンミ以降どんなことをしていたか、との問いに「大学に通っていたし、映画『梨泰院殺人事件』もやっていたし、忙しく過ごしていた」と語り、「大学では、映画演出の勉強をしている。同じ世代の友達といろいろな知識を積み重ねることができるし、それが仕事にも生かせる。漢陽大学は、芸能人といって特別扱いはないことで有名な大学。2学期の成績は、4.5点満点で3.6点だった」と明かした。


 『美男<イケメン>ですね』については、「撮影が楽しかった。共演者らが年下で、自分がひっぱっていく感じだった」とし、「ドラマがよかったので、音楽も愛してもらえたと思う」とOSTのヒットについて言及。

 演じたファン・テギョンは自身と似ているか、との問いには「全然自分と違う。でも仕事に完璧主義というところは似ていると思う」と言い、印象深いシーンとして「最初にコ・ミナム(パク・シネ)に会ったシーンと、初めて愛を告白するシーン」と語り、そのせりふを再現してみせた。


 そのほか、ファンへのプレゼントのために、「ミッション」として朝寝起きを襲い、シャワーするところから、撮影現場での様子までを映しながら自身が工夫をこらしたプレゼントを用意する、という趣向も。


 エンディングでは『美男<イケメン>ですね』OSTから「GOOD BYE」を歌い、その後客席を回り、ファンが写真を撮れる時間を設けるとファンは大喜び。そのファンの反応に、チャン・グンソクも気をよくし、自ら「アンコールしましょうか?」と予定外の歌をもう1曲披露するなど、チャン・グンソクらしい明るくノリノリのファンミだった。


■送料無料+10%OFF■韓国 TVドラマ DVD-BOX【ファン・ジニ完全版DVD-BOX I 】08/9/26発売


「ベートーベン・ウィルス」韓国盤 OST


HyeonBin20090928.jpg

26日午後、ヒョンビンとソン・ヘギョが主演したドラマ『彼らが生きる世界』DVD BOX1の発売を記念したイベントがパシフィコ横浜展示ホールにて開催され、前日のファンミーティングでファン5000人から誕生日を祝ってもらったヒョンビンが参加した。

 イベントに先立ち行なわれた囲み会見に登場したヒョンビンは、「昨日は忘れられない思い出が増えた。毎年多くの人と誕生日を過ごせてうれしい」と語った。

 前日披露したピアノ演奏や、趣味のサイクリング以外にはまっていることを質問されると「写真撮影にはまっている。時間が過ぎるとすべてが思い出になる。あの時はどうだったか、当時を知る手掛かりは写真だと思い、撮るようになった。風景よりも人物がいるスナップ写真を撮っている」と答えた。

 また、ドラマの苦労した点、見どころを尋ねられると、「短い言葉の中にいろいろな感情が詰まっているので、表現するのが大変だった。わたしとしてはシナリオを読んだ時の印象を正確に表現したいと思った。ドラマ制作のプロセスがわかり、主演助演とも生き生きと演じているので楽しんで見られる」とした。

 ドラマの役のジオのようにストレートに話すのかと聞かれると、笑いながら「言いにくい事は言えないたちだ。しかし仕事の時は結構ストレートに話す」と明かした。

 続くイベントでは、ジュニョン(ソン・へギョ)を背負いながら掃除するシーンや男泣きのシーンが映像公開されると、「普段はあまり泣かないが、涙のシーンは必ず自分の涙で演じている。」と話した。

 また、スペシャルゲストとして、ピョ・ミョンス監督が登場。「彼は、コミカルな演技から内面を表現する演技と幅が広い」とほめると、ヒョンビンは最新作『チング~愛と友情の絆~』の時に「演技アドバイスが欲しくてお願いした」と相思相愛をアピールした。

 ファンからの質問コーナーでは、"幸せと感じるときは"との質問に「今、このようなとき。会う前はプレッシャーがあるが、舞台に立つと幸せを感じる。この気持ちは作品作りやプライベートでは感じられないひと時だと思う」と語り、会場から割れんばかりの拍手が起こった。






韓国ドラマを字幕なしで観る!

ジャンプ! 韓流byルルルの生活を見る♪

タグ


韓流イベントチケットなら@電子チケットぴあ

韓国ドラマ、映画、音楽、…ブロードバンドで動画見放題!
韓国ドラマShowTime(ショウタイム)の「KoreanTime」一覧へ!>>



韓国ドラマなら⇒スカパー!おまかせプラン

韓国ドラマをいちはやく!e2 by スカパー!おまかせプラン

WOWOW
韓国ドラマ見るならWOWOW