韓流byルルルの生活
HALLYU STAR★韓流スター
HALLYU DRAMA★韓流ドラマ・映画
HALLYU ASIAN★韓流アジアン
韓流エンタメ楽天ブログ(Blog)
HALLYU YOUTUBE★韓流ユーチューブ
HALLYU WALL PAPER★韓流壁紙
HALLYU ENTER TAINMENT★韓流エンタメ





2009年12月アーカイブ

KwSang-woo20091226.jpg KwSang-woo20091226a.jpg

 俳優クォン・サンウが2月に東京と大阪の二都市連続公演「Mr.Tears Kwon Sang Woo ファンミーティング2010 ~心の扉を開いて~ 」を開催する。

 2月24日にグランキューブ大阪で昼夜2公演、26日に東京国際フォーラムホールAで昼夜2公演を行い、合計1万5000人を動員する予定だ。

 公演には「遂に完成!!オリジナルソング初披露」とキャッチコピーが付けられており、クォン・サンウがどんな歌を初お披露目するのかも、期待される。

主催者側は、「初めての2都市連続公演で、クォン・サンウのさまざまな魅力がたくさん表現できる内容で構成され、今までのイベントでは見ることのできなかったクォン・サンウの魅力をたっぷり感じられるイベントとなる」と自信を見せている。抽選でクォン・サンウとのツーショット撮影&握手の特典もあるという。

 このイベントは2010年から毎年定期的に行う予定であり、これから日本で本格的な活動をするに当たって重要な公式イベントになるとのことだ。

 一方、今年8月に、株式会社アービングと専属契約締結を結び、日本での活動に拍車をかけているクォン・サンウ。

 クォン・サンウの公式SHOP「Mr.Tears(http://www.mr-tears.jp/)」も12月9日、東京・六本木にオープンした。店内ではクォン・サンウの公式グッズが販売されているほか、クォン・サンウの等身大ろう人形が飾ってあるなどファンが楽しめる空間ともなっている。


JangDonggeon20091220.jpg

SongSeung-heon20091220d.jpg


WonBin20091219.jpg

LeeByungHun20091220a.jpg

17日に東京ドームで行われたイベント「奇跡が揃った。韓流フォーカード ~FOUR OF A KIND~」に参加したイ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ソン・スンホン、ウォンビンが18日午後、帰国のため、羽田空港に姿を見せた。写真は、集まったファンに別れのあいさつをする4人。

SongSeung-heon20091216c.jpg


SongSeung-heon20091220a.jpg


SongSeung-heon20091220.jpg


17日、東京ドームにて、イ・ビョンホン、チャン・ドンゴン、ソン・スンホン、ウォンビンの韓流4大スターが日本で初めて一堂に会し、「奇跡が揃った。韓流フォーカード FOUR OF A KIND」を開催。同日昼夜2回にわたり行われた公演には、のべ6万人余りの観客が詰めかけた。

 韓流ブームを越えて韓国作品の素晴らしさを伝え続ける4人のトップスター。「韓流」というブームを作り、もはやブームではなくなった今も当時と変わらぬ人気を保っている彼らは、日本との架け橋の主軸を担っている。

 しかし、韓国エンターテイメント界の中心に位置し、日本はもちろんアジアから世界へその勢力を伸ばしつつあり多忙を極めるトップスター4人が同時に集まるなどとは、夢にも考えられなかったこと。それがこの日、現実のものとなった。
この日の公演は、単なる4人のファンミーティングではなかった。オープニング、4人が登場し、並んでのトーク。それぞれが特有のオーラを発揮。たわいない話題でも、4人が交わす会話には、ゾクゾクさせられた。

 その後、それぞれのソロコーナーで、それぞれの最新作の紹介や得意技の披露などをした。チャン・ドンゴンはドラム演奏、ウォンビンはサンドアート、ソン・スンホンは「あなただったら」を歌い、イ・ビョンホンはボトルキャップをスプーンで開けるワザを見せ、ファンを楽しませた。

 最新作の話題では、「今年公開予定の映画『砂漠の戦士(The Warrior's Way) 』ではグリーンバックでの演技が大変だった。まだ作業中」(チャン・ドンゴン)、「『おじさん』(仮)という映画の撮影に入る。初めてアクションに挑戦する」(ウォンビン)、「来月から映画『無敵者』(仮)の撮影が始まる」(ソン・スンホン)などとそれぞれ語った。

この日、主演ドラマ『アイリス』が最終回を迎えるイ・ビョンホンは、「ほんの数時間前まで『アイリス』の撮影を行っていた。本当は朝4時の飛行機に乗る予定が、8時台の飛行機になってしまった」とギリギリ早朝まで撮影があったことを明かした。そのため、もう48時間ほど寝ていないとも。しかし、大勢のファンの歓声に、疲れた様子も見せず、終始にこやかに、さわやかな姿を見せていた。

 この日の公演は、4人が集まるということ以外にも目玉があった。総合演出に秋元康氏を迎え、映画『八月のクリスマス』『四月の雪』のホ・ジノ監督がつづるイントロ映像に続き、4人によるリーディングシネマ(朗読劇)が行われたのだ

 物語は、4人がソウル駅にそれぞれの事情を抱え現れるところから始まる。イ・ビョンホンが失明を宣告された映画監督、チャン・ドンゴンが破産した企業家、ソン・スンホンが指名手配中の結婚詐欺師、ウォンビンが鉄砲玉を命じられたワル、という役どころ。4人はソウル駅から釜山行きの10時38分発の列車に乗ろうとするが、大雪のため、列車は2時間遅れるという。その2時間が4人の運命を...。

 秋元康脚本の4つの泣けるストーリーをそれぞれが朗読したが、さすがにトップ俳優ら。映像はなくとも、そのシーンが目に浮かぶような朗読だった。特にエピソードの対象が唯一「女性」だったソン・スンホンの朗読は、まるでメロドラマを演じているかのように聞こえる場面もあり、会場が一瞬息を飲む瞬間もあった。

 最後には、4人が「これからも4人の友情を。そしてファンの皆さんとの友情を」とシャンパンで乾杯、そしてエンディングにはこの日のために作られた「愛はここにある」を全員で歌い、ボルテージが最高潮のまま4時間にわたる公演を終えた。



SS501のリーダー、ヒョンジュンがRain(ピ)のヒット曲「Rainism」を完ぺきに歌いこなした。


 ヒョンジュンは16日午後、ソウル市江南区駅三洞のGSタワー・アモリスホールで、コカ・コーラによる「さわやかなDK(ダイナミック・キン)パーティー」に出席し、ファン450人の前で情熱的な舞台を披露した。ヒョンジュンは「(ファンの皆さんへの)クリスマスプレゼントのつもりで一生懸命練習した。時間がなく、十分な練習はできなかったけれど頑張った。『一生懸命練習したんだなあ』と思ってもらえればうれしい」とコメントした。


 その後、ファンの大歓声に続いて聞こえてきたのは、何とRainのヒット曲『Rainism』。ヒョンジュンはRainの情熱的で男性的な動きを繊細な動きにアレンジし、見事な「ヒョンジュニズム」を披露、ファンに好評だった。

JangDonggeon29001217a.jpg
WonBin20091217.jpg
ウォンビン、チャン・ドンゴン、ソン・スンホン(左から)が16日午後、羽田空港に到着した。


 彼ら三人とイ・ビョンホンは17日に東京ドームで2回にわたり、超ビッグイベント「韓流フォーカード~FOUR OF A KIND~」を開催する。4大韓流スターが一堂に介し、イベントを行うのは今回が初めて。


SongSeung-heon20091216.jpgSongSeung-heon20091216a.jpg

チャン・ドンゴン、ソン・スンホン、ウォンビン(写真左から)が、東京ドームで17日に開催されるイベント「韓流フォーカード~FOUR OF A KIND~」に出席するため、16日午後、金浦空港に姿を見せた。

 最近、元交際相手と法廷で対決を繰り広げているイ・ビョンホンは、現在主演しているドラマ『アイリス』(KBS第2)の撮影のため、ともに出発することができなかった。イ・ビョンホンはイベント当日の17日午前、日本入りするという。

LeeByungHun20091214.jpg LeeByungHun20091214a.jpg LeeByungHun20091214b.jpg

イ・ビョンホンの元ガールフレンドのクォンさん(22)が、イ・ビョンホンと恋人関係だったという事実を立証するため、関連写真を公開した。クォンさんは13日午後8時、自身の顔写真を含めイ・ビョンホンと交際していた当時に撮影した写真を複数のメディアに送った。

クォンさんはこの日4枚の写真を公開した。クォンさんがイ・ビョンホンの部屋だと主張した場所と、昨年11月にイ・ビョンホンの友人カップルとともに遊びに行った江原道(カンウォンド)のスキー場、スキー場のコンドミニアムで撮ったというイ・ビョンホンの単独写真とクォンさんの顔写真だ。

クォンさんに代わりインタビューに応じた側近は、「クォンさんはイ・ビョンホンによりすべてを失った。1人の男性を信じるのが罪になるなら、最後まで決着を付けたい」と話した。

イ・ビョンホン側はクォンさんが13日に公開した写真について対応しない姿勢だとしている。

 

SoJisub20091213.jpg

11日午後6時30分、放送会館(ソウル市陽川区木洞)3階の会見場で、「2009グリメ賞」授賞式が行われた。最優秀男優賞を受賞したソ・ジソブと最優秀女優賞を受賞した。



|
GongYoo20091209.jpg

俳優コン・ユ(本名コン・ジチョル)が8日に除隊した。

 2008年1月14日、忠清南道論山の陸軍訓練所に現役兵として入隊したときのコン・ユと、8日に除隊したときの姿を比べてみた。



 






韓国ドラマを字幕なしで観る!

ジャンプ! 韓流byルルルの生活を見る♪

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたお知らせブログ記事が順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


韓流イベントチケットなら@電子チケットぴあ

韓国ドラマ、映画、音楽、…ブロードバンドで動画見放題!
韓国ドラマShowTime(ショウタイム)の「KoreanTime」一覧へ!>>



韓国ドラマなら⇒スカパー!おまかせプラン

韓国ドラマをいちはやく!e2 by スカパー!おまかせプラン

WOWOW
韓国ドラマ見るならWOWOW