韓流byルルルの生活
HALLYU STAR★韓流スター
HALLYU DRAMA★韓流ドラマ・映画
HALLYU ASIAN★韓流アジアン
韓流エンタメ楽天ブログ(Blog)
HALLYU YOUTUBE★韓流ユーチューブ
HALLYU WALL PAPER★韓流壁紙
HALLYU ENTER TAINMENT★韓流エンタメ





2009年10月アーカイブ

WonBin20091028.jpg

27日午後7時15分、ポン・ジュノ監督の最新映画『母なる証明』の舞台あいさつ付きプレミア上映会が東京・新宿バルト9にて行われ、ポン監督と、主演のキム・ヘジャ、ウォンビンが登壇した。

 ウォンビンが公式に日本を訪れたのは5年ぶり。また、キム・ヘジャは、初めての公式訪日だ。そのため、この日のチケットは発売開始2分で売り切れたほど、話題となっていた。

 ポン監督はこの映画を製作したことについて「キム・ヘジャさんと映画を撮りたかった。そのためにはどうすればいいかと考えた。そしてお母さんが狂気の暴走をする、という話を考えた。その相手にはウォンビンしかいないと思った。監督としては、このように素晴らしい二人の俳優と仕事ができて光栄」と語った。

 撮影中は、キム・ヘジャとウォンビンは、撮影の合間でも、互いを「トジン」「オンマ(お母さん)」と呼び合うなど、信頼関係を築いていたという。

 そんな本当の親子のようだった二人を司会者が「二人はどことなく似ていますね」と言うと、ポン監督は「キャスティングの直後に二人の写真を撮ったが、目がとても似ていた。日本の漫画を見ると、よく目に星がいくつも輝いているが、二人共にそのようなものがあった」と二人の共通の「目力」を評した。

 キム・ヘジャは、この作品出演について「わたしが大好きな監督が、わたしと映画を撮りたいといってくださったことがうれしかった。撮影時は、ある時はわたしを女優としてさんたんたる気持ちにさせたり、ある時はとてもよかったとメールをくださったり。うれしいこともつらいこともあったが、終えてみると今はただ満足感が残っている」と語った。

 ウォンビンは、「今回は、ポン監督とキム・ヘジャ先生と同じ作品に出演できたこと自体が光栄。自分には久々の作品だったが、楽しい思い出がたくさんできた」と述べた。

 最後にポン監督は、「韓国の俳優や映画を愛してくださって感謝します。長く記憶に残る作品になってほしい」とし、「映画について自慢したいことはたくさんあるが、何より俳優の演技について言いたい。ご存知大女優のキム・ヘジャさんと、それに負けることのない驚くべき演技を見せてくれたウォンビンさん。アイドルではなく、完全に演技派として変身を遂げたウォンビンさんの演技を見ることができてうれしく思う」と語ると、会場を埋めたウォンビンファンからより大きな拍手が沸き起こった。

 また、舞台あいさつにはゲストとして、ポン監督の作品『TOKYO!』の「Shaking Tokyo」に出演し、ポン監督の大ファンだという俳優の香川照之と、韓流ファンとしても知られる内閣総理大臣夫人の鳩山幸さんも登場し、花束贈呈を行った。

香川は「2007年に(『TOKYO!』 の)撮影している時に、次の作品は母と子の物語で今脚本を考えている、と言っていた。『殺人の追憶』という映画が一番好きなのだが、それを超えた映画」とし、鳩山幸さんは「すごく考える、重い、しかし母親はやっぱりそうなんだなと思える映画」と語り、観客は映画への期待感を高めた。

 『母なる証明』(配給:ビターズ・エンド)は31日より、シネマライズ、シネスイッチ銀座、新宿バルト9ほか全国ロードショー。




 

KwSang-woo20091025a.jpg

KwSang-woo20091025.jpg

23日午後、ソウル貿易展示場(SETEC)=ソウル市江南区=で、「ソウル・ファッション・ウイーク春夏コレクション2010」チ・チュンヒのショーが行われた。写真は真剣にショーを見つめるクォン・サンウ&ソン・テヨン夫妻。

Parkhaejin20091017.jpg Parkhaejin20091017a.jpg

初の公式ファンミーティングを行うため日本を訪れた俳優パク・ヘジン。左手にはめた指輪に報道陣の関心が集中した。


 パク・ヘジンは16日午後、中野サンプラザで「パク・ヘジン official 1st Japan FanMeeting」を行うのに先立ち、日本の有力メディア約30社や台湾メディアが並ぶ中、記者会見を行った。この会見で報道陣が視線を注いだのは、パク・ヘジンの左手指にはめられていた指輪だった。


 パク・ヘジンは報道陣の前で指輪を見せ、「この指輪は僕のじゃないんです。僕の最年少ファン、フクハラ・モネちゃんという10歳の少女の物です」と告白した。

モネちゃんは3年前、パク・ヘジンが主演したKBS第2の週末ドラマ『噂(うわさ)のチル姫』を見てファンに。それ以来、お母さんと一緒にパク・ヘジンのファンクラブで活動している立派なファンクラブ会員だ。


 パク・ヘジンは「モネちゃんはオーストラリアに住んでいるけれど、ちょうど日本に用事があって、僕の初ファンミに参加できることになりました。少し前にモネちゃんに会い、しばらく指輪をすることになったんです」と説明した。


 パク・ヘジンはこの日午後、中野サンプラザファン約1500人を集め、日本での初ファンミを成功させた。


LeeByungHun20091015.jpg

LeeByungHun20091015c.jpg

ドラマ「アイリス」OST、「忘れないで」ミュージックビデオがネチズンの視線を捕らえている。

15日、ペク・ジヨンが歌うこの曲のミュージックビデオが公開され、この中に登場するイ・ビョンホンとキム・テヒのベッドシーンが爆発的な関心を集めている。

キム・テヒ(スンヒ役)にいきなりキスをするイ・ビョンホン(ヒョンジュン)の姿で始まる「忘れないで」ミュージックビデオは二人のベッドシーンだけでなく2人の出会いから切ない愛、そしてアクションまで盛り込んで、ドラマのふんだんな見どころを伝えている。

一方、14日スタートを切った「アイリス」は初回視聴率24.5%を出す大ヒットの兆しを見せている。

 

SoJisub20091015.jpg

俳優ソ・ジソブは、13日、東京国際フォーラムホールAにて開催された「『I am GHOST』 プレミアムイベント」に出演し、5000人のファンの前に立った。

 携帯専用放送局「BeeTV」にて日本ドラマ『I am GHOST』が10月20日より配信を開始するにあたり、行われたもので、ソ・ジソブは相手役を務めた女優・谷村美月とともに舞台に立った。二人はこの日約1カ月ぶりに会ったとのことだが、撮影時に息を合わせたことを思い出すかのように、優しい笑顔を向け合っていた。

また同ドラマと主演の二人を応援に優木まおみが駆け付けたほか、園田俊郎監督、脚本の平田研也氏も登壇。エピソードを披露するなどし、ドラマをPRした。そして今月20日より毎週木曜・日曜に更新される24話の『I am GHOST』の冒頭4話が試写上映されたほか、メーキング映像なども披露された。

イベントに先だち行われた取材でソ・ジソブは、「とても緊張して、ドキドキしています。俳優、スタッフが頑張って良い作品を作ったので、良い反応があると思いますので期待しています」と期待感を示した。

 そして、苦労した点を「ゴースト役は、せりふがないので、体と目の動きだけで表現しなければいけなかったので、それが少しストレスになったり、悩むこともありました」とし、「伝えようとしていることが、伝わるのかどうか考えました。今回、せりふというものの重要性をあらためて感じました。次はせりふのある役をやってみたいです」と笑いながら語った。

 谷村美月はソ・ジソブについて「撮影スケジュールがタイトでしたので、時間があまりありませんでしたが、人見知りの私にジソプさんが『いつも何て呼ばれているの?』と聞いてくれたり、とても気を使ってくれました。いろいろ勉強になりました」などと語った。

優木まおみは「ジソプさんは『ごめん、愛してる』の時より、ワイルドさ、大人の渋さが、どんどんアップしてさらにカッコよくなって。肉体美に目を奪われました。私もこの作品に出たかったです。次回作に共演する予約をしたいです」とファン目線のコメント。ソ・ジソブのシャワーシーンなどの「サービスカット」もみどころのひとつのようだ。

 なお、『I am GHOST』を放送する「BeeTV」はエイベックス通信放送が運営。NTTドコモのビデオクリップ対応機種ユーザーが視聴できるもので、月額315円で見放題というサービスだ。

 一方、ソ・ジソブは前日、『I am GHOST』の主題歌をレコーディングし、これは今冬リリースされる予定だ。また、同ドラマ撮影現場に密着し、シーン写真やバックステージでの姿を満載した「表現者ソ・ジソブをとらえた厳選フォトブック」も12月15日に発売される。

 


LeeByungHun20091013.jpg

10日午後1時、釜山市海雲台区白浜の釜山国際映画祭(PIFF)ビレッジ野外ステージで、映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』オープントークが行われた。写真はイ・ビョンホンのいたずらに大笑いする木村拓哉。


LeeByungHun20091010.jpg


kimura20091010.jpg

日本のトップスター、木村拓哉が、映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』で共演したイ・ビョンホンについて、初めてその印象を語った。

 木村は9日午前8時30分、釜山市の新世界百貨店センタムシティー店で行われた『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のキャスト記者会見で、「映画『HERO』の撮影のとき、初めてイ・ビョンホンに会った。共演することは知っていたが、イ・ビョンホンを間近に見て"あ、イ・ビョンホンだ"と思った」と述べた。

 また、「韓国と日本は本当に近い国だ。仲間たちもドラマや映画を通じ、韓国に対する理解を深めた。イ・ビョンホンも出演作品を通じて知ったが、とても偉大なイメージだった。実際に会ってみて、"やっぱりイ・ビョンホンだ"という印象だった」と話した。

 さらに、「イ・ビョンホンは周囲への配慮を欠かさず親切だが、自分に対しては厳しい方だ。強い信念や意志を持っているという印象を感じた」と語った。

 木村はこの日の記者会見の際、韓国語で「アンニョンハセヨ(こんにちは)。木村拓哉です。パンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)」とあいさつし、注目を集めた。「釜山国際映画祭に参加するのは2回目」という木村は「今回は特に、イ・ビョンホンが招待してくれたということで、特別な意味がある。誇りに思える友人から"来てくれ"と言われ、喜んで韓国へ来た。イ・ビョンホンに感謝している」と感想を述べた。

LeeByungHun20091008.jpg

8日午後、釜山市海雲台区の水営湾ヨット競技場野外スクリーンで第14回釜山国際映画祭(PIFF)開幕式が行われた。


 写真は、堂々とレッドカーペットを歩くイ・ビョンホン。駆けつけたファンから大きな歓声が上がっていた。

WonBin20091003.jpg

シン・ミナとウォンビンが2度目のキスをした。

 缶コーヒー「TOP」CMのキスシーンで話題を集めたウォンビンとシン・ミナが、同CM第2弾でまたもやキスを披露した。

 今回のCMは、公園にピクニックに出かけた二人という設定。シン・ミナはロングスカートにスカーフ、ウォンビンはニットのカーディガン姿で、秋らしい雰囲気を漂わせている。

 シン・ミナが「まったく、普通のコーヒーみたいな秋ね」と言うと、ウォンビンが「TOPみたいな秋ってどんな感じかな?」と聞く。すると、シン・ミナは「知らないの?」と言ってウォンビンにキスをするという内容。

今回のCMは、公園にピクニックに出かけた二人という設定。シン・ミナはロングスカートにスカーフ、ウォンビンはニットのカーディガン姿で、秋らしい雰囲気を漂わせている。

 シン・ミナが「まったく、普通のコーヒーみたいな秋ね」と言うと、ウォンビンが「TOPみたいな秋ってどんな感じかな?」と聞く。すると、シン・ミナは「知らないの?」と言ってウォンビンにキスをするという内容。

 第1弾ではさわやかなカップルの甘酸っぱいファーストキスを表現したが、今回のCMでは、前回より少しディープなキスに発展した。








韓国ドラマを字幕なしで観る!

ジャンプ! 韓流byルルルの生活を見る♪

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたお知らせブログ記事が順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


韓流イベントチケットなら@電子チケットぴあ

韓国ドラマ、映画、音楽、…ブロードバンドで動画見放題!
韓国ドラマShowTime(ショウタイム)の「KoreanTime」一覧へ!>>



韓国ドラマなら⇒スカパー!おまかせプラン

韓国ドラマをいちはやく!e2 by スカパー!おまかせプラン

WOWOW
韓国ドラマ見るならWOWOW